医療事故に巻き込まれたら兎にも角にも弁護士に相談を

医療トラブルの相談ならおまかせ

医療事故の対応

医療事故の現状と対応について

医療に関しての患者やその家族と医師とのトラブルのほとんどの場合、医師が患者やその家族に対して、十分な説明をしていなかったことによる認識のズレから起こります。しかしながら、医師であっても人間である以上、ミスはしてしまうこともあります。それを正直に認める場合や病院の組織体制の中でチェック機能が働くことによりきちんと対処される場合もありますが、まだまだ素人では医療事故なのかそれとも予期せぬ出来事であったのかは判別が難しいですし、セカンドオピニオンとして他の医師に聞いても、医療事故に対してコメントをしてくれる医師が少ないのも現実としてあります。しかしながら、患者や家族にとって、病気を治すために病院へ行ったのにどうしてこのようなことになってしまったのかと事実を明らかにさせたいという想いは強いですよね。そのような場合には弁護士相談をまずはしてみましょう。

弁護士相談に行く前に必要なもの

医療事故における弁護士相談をする際に最低限必要なものとして、今までの経過を出来るだけ詳しく時系列に記載した書類を用意してください。直接お話しを聞くと、時系列がバラバラになり、重要な部分が良く分からなくなり、弁護士が適切なお話が出来なくなる場合がありますので、きちんと書類は作成しましょう。 そして、医療事故の弁護士相談でその後に必要となるものとして、レントゲンやカルテなどの資料を病院側からもらうこととなりますが、その際には病院側にも医療訴訟をするかも知れないという意思が伝わります。弁護士はこの資料を基に他の医師からの見解を得て医療事故があったのか、説明不足によるものなのかを判断し、病院側に損害賠償請求を行うかどうかを決めます。

こんな弁護士には注意しよう。

 医療事故に巻き込まれてしまったら、まず相談先として思いつくのが弁護士だろう。しかし、一口に弁護士といってもそれぞれの専門がある。特に医療訴訟は専門性を強く求められる分野である。訴訟となれば大きなお金が動くだけに、慎重に選びたいところだ。  今回は、弁護士選びの注意点について幾つかお伝えしておこう。まず注意して欲しいのが、相手の医療機関と繋がりがないことだ。医療機関の方でも、訴訟に備えて大抵は顧問弁護士を雇っている。また病院の理事などに弁護士が名前を連ねているということは決して珍しいことではない。当然ながら、相手の病院と繋がりがある弁護士であれば、こちらに有利な展開を期待することは難しくなる。弁護士を探す際は、その弁護士の顧問先なども漏れなくチェックしておこう。  また、やたらと訴訟しようとする弁護士にも注意が必要だ。相手の出方や医療事故の原因によっては、訴訟よりも和解などによって解決の糸口を探った方が良い場合もある。感情的にならず、冷静に状況を見つめてくれるのが良い弁護士の条件である。看板や肩書きではなく、まずは無料相談などで実際にあってから決めるようにしよう。

医療事故が複数おきていれば、有利に働く可能性もあります。

 医療事故において、大きな事件であればマスコミなどに取り上げられることも珍しくない。こういった場合、自らの調査だけでなく、マスコミなどの取材によって新たな事実が発覚することもある。もし自分が医療事故にあってしまったら、他にもそういった事例がないかを調べてみよう。もし、他にも同じような事例があれば、マスコミに取り上げられずとも患者同士の集団訴訟という方法を取ることも出来る。 一般的に患者側に不利と言われている医療訴訟において、一緒に戦ってくれる仲間がいるということは心強いことだろう。もちろん、集団訴訟の方が、証拠などを集めるにも断然効率が良いのは間違いない。例えば手術などで医療事故に巻き込まれた場合、同じ方法で手術を受けたという患者が同じ事故に巻き込まれているということは十分考えられる。仲間を得ることで、納得のいく結果を導ける確率はぐっと高くなることは間違いない。今ではネットなどで被害者を募ることも簡単になっているので、もし他にも医療事故に巻き込まれてしまった患者がいれば、集団訴訟を考えてみるといいだろう。

CONTENTS

医療事故と状況

医療事故が起こってしまった時は訴訟をおこして慰謝料などを請求することになりますが、基本的に患者側は不利になります。その理由に専門的な知識の差異があり、どうしても患者側の認識不足となる場合があります。

詳しくはコチラ

訴状の準備

医療事故が起きたときは早めに弁護士に依頼するとよりスムーズな流れで訴訟をおこすことが出来るでしょう。医療事故は基本的に患者側の不利な状況があり、早めに依頼することで準備を行うことが出来ます。

詳しくはコチラく

医療裁判と金額

医療に関するトラブルが起き、金銭的な解決を望むときは訴訟することになります。この時弁護士を雇うことになり、契約内容によって支払金額は大きく異なります。特に医療事故の場合高額になるケースが有ります。

詳しくはコチラ

医療事故と弁護士

医療裁判は非常に専門性の高い中で戦うことになります。そのため断る弁護士事務所も多く、通常の弁護士ではなく医療事故弁護士センターなどを利用するという方法もあります。

詳細を読む

医療事故の現状

医療事故はそう多いものではないでしょう。しかしながらないとも言えないのが医療事故です。一旦起こってしまったら生命に関わる分、大きな争いとなり裁判の規模も大きくなってしまいます。

詳細を読む