医療事故に巻き込まれたら兎にも角にも弁護士に相談を

考える男性

医療事故と状況

医療事故訴訟が困難といわれる訳はここにあります。

医療事故によって、大切な人を失った場合、真相解明のため、本人の悲しみを代弁するため、自身の慰謝料や扶養料を請求するため等、様々な理由から、訴訟を起こすことが想定されます。しかし、一般に、医療事故訴訟は、患者側にとって極めて不利であり、勝訴することは困難だといわれています。その理由の1つとして、証拠の偏在という点が挙げられます。医療過誤訴訟においては、原告である患者側が被告である病院のミスを具体的に主張立証し、裁判所に、実際に医療事故があったと思わせなければなりません。仮に医療事故があったかなかったかわからない、という判断に至ると、原告が敗訴することになるのです。このため、原告が勝訴するためには、カルテや病院関係者の証言など、多くの証拠が必要となります。ところが、このような証拠は病院側が保持していることがほとんどであり、原告が入手することには困難が伴います。加えて、証拠が入手できたとしても、それを分析できなければ意味がなく、専門知識を持たない原告には不利といえます。医療過誤訴訟で勝訴するためには、このような構造を把握したうえで、対処する必要があります。

しっかりと準備すれば、勝訴することは十分に可能です。

まず、証拠の偏在という点について、対処法をご説明します。実は、この点については、法律による救済手段が与えられているのです。それは、証拠保全手続きです。これにより、原告は病院に必要な書類を提出させることができます。次に、分析という点については、医療過誤訴訟を専門とする弁護士に依頼することで対処することができます。このような弁護士であれば、自身の専門知識を駆使して、病院側の主張のいわば穴を見つけることができます。病院側の主張が信用できないと裁判所に思わせることができれば、確実に原告に有利となります。弁護士に依頼する場合、通常の訴訟より、着手金などが高額となります。一例をご紹介すると、法律相談だけで、1時間2万円という事務所もあります。その事務所の実績などをみたうえで、信頼できる弁護士なのかを吟味することが大切といえます。

無料で相談できる専門家の存在

人はどんなに健康に気を使っていても完全に病気や怪我を防ぐことはできないのです。もしも病気にかかった場合や、怪我をした場合にその対処をしてくれるのが病院です。 ところが残念なことに、医療従事者も人間ですから時には間違いやミスをしてしまうことがあるのです。患者が病気や怪我を防げないように、医療従事者の間違いやミスも防ぐことはできないというのが現実です。 そのような医療事故に巻き込まれた場合に、患者個人が医療機関と対等に話し合いをしていくことは難しいので、弁護士など医療事故についての知識を持っている専門家の助けを借りるのが一般的です。 弁護士というとお金がかかるというイメージを持たれがちですが、無料で相談に応じてくれる弁護士もいるのです。

費用を極力抑えられる

医療事故に巻き込まれるというのは、患者本人ばかりでなく家族の人生も大きく左右されてしまうことです。 それまで立てていた人生計画の変更を余儀なくされるケースも出てくる上に、患者やその家族を悩ませるのがその金銭的影響です。 場合によっては仕事を失うことにもなりかねないですし、医療事故で障害が残ったりした場合には、その治療などの費用負担ものしかかってくるのです。 そういう負担を少しでも減らすためには、医療事故に対応するにあたっての費用を極力抑えることが大切なのです。 その支えとなってくれるのが無料で相談に応じてくれる弁護士の存在です。このような問題において経験豊富な専門家のアドバイスを無料で受けられることは金銭面だけでなく精神面においてもプラスとなります。