医療事故に巻き込まれたら兎にも角にも弁護士に相談を

考える男性

医療事故と弁護士

弁護士に断られることも多かった医療事故相談

 医療事故というのは、絶対起こらないという断言ができません。手術などは、医師が最善の手を尽くして行います。しかし、それでも些細なきっかけやミスから誘発される事故も少なくないのです。もし、医療事故が起こったら、まずは何をすべきか、弁護士に相談をしましょう。  医療事故というのは、ミスだったのか、起こりうるリスクの中で発生したものだったのか、判断が難しいものです。そのため、医療知識をもたない弁護士に相談しても、依頼は断られることは多くありました。しかし、今では医療事故専門の相談に乗ってくれる、医療事故弁護士センターなどという団体も増えてきています。もし、医師の説明を受けて、納得できないことがあるならば、こういった弁護士機関に相談することもひとつの手です。

自分自身で医師に問う方法もある

 例えば患者さんが亡くなってしまった場合、特に医療事故かどうかの判断は難しくなってきます。そこで、死亡時画像診断というものがあります。これは、ご遺体にCTスキャンを利用して、死亡の原因などを調べることができるものです。もし、医療事故による死亡事故が起こってしまったら、医師も、ご遺族も、これによって死因の追究ができるのです。画像を見ながら、原因を教えてもらえるので、ご遺族も納得することができ、医師もまた、(医療事故じゃない場合)医療事故を疑われずにすみます。画像となって残るものですので、解剖のようにご遺体を傷つけることがありません。  今後はこういったシステムが広がることにより、医師もご遺族も双方が納得できる判断が可能になってきます。決してあきらめずに、弁護士に相談を、システムを利用するなどして、医療事故の究明を図っていきましょう。